FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TSW BWE#3:Hell Raised 感想・その②

 無事にBWE#3:Hell Raisedが終了。Hell Raisedと言いながら、The Savage Coastの同名ダンジョンはおろか、Kingsmouth(Solomon Island)のダンジョン、The Polalisにも到達できなかったわけですが…。
 
 初参加ということで、ミッション攻略に終始したBWEでしたが、ホラー要素たっぷりの世界観や雰囲気を堪能でき、大満足の週末となりました。

 というわけで、BWEの報告&感想 第2弾になります。
loupgarou_picture002.jpg
 
 まずは、前回触れていなかった戦闘周りから。

 各スキルのアビリティはこんな感じで、円状に並んでいます。
loupgarou_picture026.jpg 

 円の内側が基本スキルで、外側が上位のスキル。
 APを消費して取得したアビリティは、左に表示されたアイコンを下部のアクティブ・アビリティ、パッシブ・アビリティのスロットにそれぞれドラッグして装備します。

 今回私が序盤で選んだのは、遠隔系のShotgunsと魔法系のBlood Magic。ショットガンはAoE(範囲攻撃)を兼ねる攻撃が魅力、ブラッドマジックは攻撃だけでなくHeal(回復)も含むスキルと考えて選択しました。
 
 ショットガンについては射程が短いという欠点がありますが、モンスターはPCやその攻撃を感知するとかなりの高速移動で襲ってくるので、ことPvEに関してはあまり気にする部分ではないかなあと思います。
 
 ブラッドマジックに関しては、ショットガンを優先し、あまり熱心にAPを振ってアビリティを取得することをしなかったので感想らしい感想はないのですが…。
 攻撃はショットガン(途中からAssault Riflesにシフト)メインだったので、主にBlood Shieldで回復&防御に使用する感じでした。もっとも、これもアサルトライフルで攻撃兼回復アビリティであるAnima Shotを覚えるまでで、こちらを覚えてからはメインの回復手段もアサルトライフルになりました。

 アサルトライフルは、ミッション報酬(だったと記憶)でQL(アイテムのレベル。数字に比例して強力になる)2のものを手に入れることができたので、ショットガンから変更する形で使い始めました。
 アサルトライフルは射程が長いのが特徴。ミッションによっては、密集した各種モンスターの中から、指定された種類のモンスターだけを狩ることを目的にするものがいくつかあります。アサルトライフルはその射程から、他のモンスターに感知されずに目的のモンスターだけ一本釣りするのに重宝します。
 
 具体的には、教会の神父様から受注できる「Dust to Dust」や、
loupgarou_picture007.jpg

 海の珍味を次々と美味しくいただける「Draugnet」などのミッション。
loupgarou_picture023.jpg

loupgarou_picture025.jpg
 トラウマになりそうな海産物の猛攻…。

 戦闘全般については、リキャストに合わせてアクティブ・アビリティ連打になってしまうので、どうしてもモッサリ感が否めませんが、アビリティ獲得が進んで様々な効果を持つアビリティを取得できれば、もっと戦略的なアビリティ活用ができるのかなあと思います。

 モンスターの特殊攻撃のうち大技は、多くの場合、攻撃前に被ダメージ範囲が告知されるので、戦闘には、この範囲外に移動するなどの簡単なアクション性も取り入れられています。そうは言っても、回避行動を取りながらアビリティ連打という感じになる程度ですから、アクションRPGばりのアクション要素の強い戦闘は期待しないほうが良いでしょう。
 TSWの戦闘に関しては、アクションの可否よりも、アビリティの利用法やタイミング、武器の選択および性能が勝敗を左右する大きな要因となる気がします。

 戦闘に関して気になったのは、QLの高い武器を入手する手段が思いのほか少ないこと。ミッション報酬やモンスターのドロップでTalismanを入手する機会が多かったのに比べ、武器は数えるほどしか手に入らず。もしかすると、今回私が体験しなかったミッションやダンジョンの報酬、合成、あるいはBWEで現在未実装のショッピング等で入手できるのでしょうかね?
 武器の入手難度によっては、自分が最初に選択したスキルのみを上げるというのも難しくなってくるかもしれません。

 まあ、TSWは攻撃やバフ中心のスキルもあれば、攻撃+回復が主となるスキルもあるなど、各スキルの方向性がかなり個性的なので、使用スキルを固定化するというやり方よりも、戦闘場面やPTの構成に応じてスキルを使い分けていくというスタイルが主流になっていくのではないかと思います。

 思いのほか戦闘についての話でスペースをとられて、長くなってしまいました。

 次回、ミッション周りなどにもう一度触れて、BWE#3の報告を締めくくりたいと思います。
 それでは今回はここまで。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

P.Principe

Author:P.Principe
3.0でアウラ♀の新キャラ作成は確定。
【新生FF14】
●Loup Garou(ルー=ガルー)
ララ♂/Fenrir鯖
●Piccolo Principe(ピッコロ=プリンチペ)
ララ♂/Fenrir鯖
「ピッコロ」よりも「プリン」と呼ばれたい…
【FF11(引退)】
●Prin
ビス鯖

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Copyright
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

○DiabloⅢ
©2012 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved.
○Final Fantasy 14
©2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
○Guild Wars 2
©2010-2012 ArenaNet, Inc. and NC Interactive, Inc. All rights reserved.
○The Secret World
© 2007-2012, "The Secret World"™ is a registered trademark of Funcom Gmbh 2012. All rights reserved.
○Borderlands2
© 2009 - 2012 Gearbox Software, LLC. Published and distributed by 2K Games.
○Far Cry 3
© 2007–2012 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.
○Dead Space
○Dead Space 2
○Dead Space 3
© 2012 Electronic Arts Inc. Trademarks belong to their respective owners. All rights reserved.
○Fish Hunt 世界を釣れ!
(c)NEOWIZ GAMES. ALL RIGHTS RESERVED. (c)JUSTNINE entertainment. All rights reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。