FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何はなくとも、とりあえずバイオラ

 何とか土日のうちに巴術士をレベル30まで上げることができました。
 まあ、到達したのは正確には月曜日の午前0時過ぎだったんですけどね…。

 「まったりレベリング」が信条の私としては、かなりのハイペースで目が回りそうでした。
 でも、日曜日午前中の段階で既にイフリート・エギを連れてる召喚士のPCがいました。
 もう「凄すぎる」の一言です。


 メインクラスの場合、レベル20から30まではレベル差こそ10に過ぎないものの、グランドカンパニー絡みの話なども出てくるので、レベル1から20までの間よりも遥かに内容もてんこ盛りな感じですね。

 
 私のアーリーアクセス開始は、レベル20イフリート戦からだったのですが…。

ffxiv-2013-08-24-00.jpg
Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 楔を削りきれずに失敗…が相次いで、かなり苦戦を強いられました。
 DoTやエーテルフロー→エナジードレイン、ルインそれにカー君を総動員しても、このレベル帯の巴術士の単体Mobに対する削り性能は微妙なものがあるなあという印象でした。レベルが上がって、新たな魔法を覚えるとまた違ってくるんですけどね。

ffxiv-2013-08-24-02.jpg

 しかもクリアしたときは、地獄の火炎直後に慌てすぎて立ち位置を間違え、光輝の炎柱(サラミ)を踏んで早々に戦線離脱という体たらく。後半は私以外の3人で戦ってもらっていました…。全然ダメじゃん…。
 メンバーの皆様、本当にすみませんでした。

 
 今回は、前回記事で要確認だった部分を含め、この土日のプレイの模様・前半をつらつらと。
 かなり長いため、折り畳みます。

 
 

 所属するグランドカンパニーは、リムサ・ロミンサの黒渦団を選びました。

ffxiv-2013-08-24-05.jpg

 男前なメルウィブ提督の演説に共感して…という部分が全くないわけではありませんが、主な理由は巴術士(召喚士・学者)向けの軍績交換装備が充実しているかなあというスケベ心ゆえでございます。

ffxiv-2013-08-24-03.jpg

 旧FF14及びβ3では不滅隊を選んでいたので、今回初の脱ウルダハということになります。
 ナナモ様、ごめんなさい…。

 入隊時のクエストでのインスタンスバトルも、魔導ヴァンガードのドリルキャノンの範囲が視認できるようになったおかげで大分楽になりました。前哨戦である帝国兵士戦も、パタパタと帝国兵士が倒れていくので、かなり弱体化されているように思いました。

ffxiv-2013-08-24-04.jpg

 もちろん、軍績を貯めてまずはマイチョコボをゲット。
 しかし、チョコボについてはこんな証言も…。

ffxiv-2013-08-24-06.jpg

 えー、なんかショック。
 乗ってて臭いは気にならないものなんですかね…。

 ともあれ、ロルフさんの冒険者を引退した理由が「膝に矢を受けてしまってな…」ではなくて何よりです。


 さて、レベル20から30までのレベリング方法は、これまで同様、クエストが中心でした。
 レベル20以降のメインクエストは、黒衣の森、ザナラーン、ラノシアの各地を縦横無尽に駆け回ることになります。そのため、メインクエストと併行して現地で受注できるクエストをこなしていくだけでも結構な経験値を稼げます。

 旧FF14でもお馴染みのマルセットさん。
 もう、キノコといえばマルセットさん、マルセットさんといえばキノコというくらい。まさにスーパーマルセット。
 旧時代もなかなかのお人柄でしたが、新生して更に磨きがかかったようです。
 
ffxiv-2013-08-25-03.jpg

 旧をプレイした人にとっては、旧にもいたNPCを「ああ、全然変わらないな」とか、「こんなになっちゃったんだ」というように比べてみるのも新生の楽しみの1つですね。


 たまーに近隣で発生するF.A.T.Eにも参加してみたり。

 週末ということに加え同じレベル帯の人が多いせいか、さながらハーメルンの笛吹き男か民族大移動といった、護衛F.A.T.E。

ffxiv-2013-08-24-07.jpg

ffxiv-2013-08-24-08.jpg

 NMっぽいMobの討伐戦なんかはみんなでワイワイやる感じで面白いですよね。

ffxiv-2013-08-25-01.jpg



 巴術士は、レベル26になると「バイオラ」を覚えます。これは無属性の継続ダメージを付与する魔法で、バイオと同じ効果(重ねがけ可)。威力こそわずかにバイオに劣るものの、効果時間が30秒(バイオは18秒)あるのが最大の魅力。

ffxiv-2013-08-25-02.jpg

 バイオ、ミアズマ、バイオラの重ねがけによる削りは、かなり強力です。
 3つの魔法の威力は、順に40、20、35で合計95。それぞれにキャストタイムがあり、各魔法の効果発動にはズレが生じることから同等ということはできませんが、呪術士のコラプスが威力100なので、3つの重ねがけがどれほど強力かお分かりいただけるかと思います。

 また、術者のレベルアップとともに当然カー君もしぶとくなっていくので、クエストなどでのバトルも更に楽に。
 苦戦した記憶があるのは、レベル30のクラスクエストくらいでしょうか。
 共闘するNPCがちょっとでも強かったりした日には、術者が3種DoTをかけた後にボーッとしてても、NPC+カー君で次々とMobをなぎ倒していきます。


 レベル20から30のレベリング中、インスタンスダンジョン(ID)に挑戦したのはトトラク1回とハウケタ2回。
 クエストでどんどんレベルが上がっていくので、トトラクを周回するほど装備欲しさにかられなかったというのが正直なところです。
 いずれのIDもβ3のときとは違ってメインクエストの中に組み込まれる形になっているので、誰もが一度は通る道ということになります。

 あれほど毛嫌いしていたトトラクのボス戦ですが、β3時よりも楽な印象を受けました。パーティのメンバーに恵まれていただけかもしれませんけど…。
 もともと繭や雑魚の処理をきちんとやった上で、ボスの挙動に注意し慌てさえしなければさほど大きな混乱にはならないのですが、今回のボスはβ3時と比べて動きが控えめのような気がしました。

 
 ハウケタに関しては、プレイしているときには難易度はβ3からあまり変わってないと思いました。でも、今思い返してみるとボス戦の雑魚あたりが弱体化されているような気も。

 2回クリアしたところ、それぞれ違った立ち回りをしたので最後に触れておきます。


 1回目は、剣吟巴学のパーティ。
 私にとって初めて学者と組んだパーティになりました。パーティのメンバーの人たちが手馴れていたというのが大きいでしょうが、それに加えてジョブ職が入ることで、よりパーティの安定感が増していたように思います。
 
 メインヒーラーが学者でも、私がサブヒーラーとして立ち回る必要は一切なかったですし、吟遊詩人だからと言ってMobの殲滅速度が遅いということも全くありませんでした。
 このへんは、ジョブの役割や所持スキルうんぬんより、使う人のプレイヤースキルや慣れという要素の方が断然影響が大きいと思いますね。
 
 Mobを寝かせる方法は採らなかったため、私はカー君(エメラルド)を使用しつつDoTを複数Mobにばら撒く感じ。メインターゲットにはエアロやサンダーも入れたりしましたが、時間的余裕がないのでサンダーあたりはボスなどの単体&強力なMob戦でない限り、除外しても良い気がしました。
 また、エーテルフローはリキャスト毎に使用し、(猛者の撃+)エナジードレインも活用します。
 
 メインターゲット以外には、威力と効果時間の兼ね合いでバイオとバイオラを優先。ミアズマも余裕があれば入れますが、3匹以上のMobを同時に相手にするとなると時間管理がかなり厳しいと思います。

 中ボス戦(執事長&道化師)も、双方にDoT入れつつメインターゲットの執事長をエメラルドで攻撃。

ffxiv-2013-08-25-07.jpg

 「柔らかいので御用邸の道化師から倒すのが楽かも」とβ3時は書いたものの、道化師=インプタイプのMobなので魔法攻撃中心であまり動かないということを考えると、ウロウロされると厄介な執事長から先に倒すのも安定している気がしてきました。どっちがいいんだろう…。
 トパーズ出してのサブ盾などは一切なし。

 ボス戦も、そのままエメラルドを使用していました。

 ついでに「フェアリー可愛い」とメンバーに言われ、アイドルの座を追われたカー君涙目。


 2回目は剣槍巴幻のクラス職パーティ。
 
 このパーティでは幻術士の人がリポーズを使用していたので、メインターゲットに集中。ちなみに予想と違って、バイオでもリポーズと競合しました。ベイン使用するようになってもやっぱり起こしちゃうのかなあ…。
 この点は、今後も課題として残りそうです。

 カー君は基本エメラルドを使用。幻術士にターゲットが行くケースが多かったので、ふきとばし狙いでその傍にカー君を配置。
 剣術士が沈みそうな場面ではトパーズに入れ替えてサブ盾&沈んだ場合のメイン盾(1回のみ)をさせました。
 
 中ボス戦は道化師からの削りで、執事長のターゲットが不安定だったのでトパーズに変更しタイマン。

ffxiv-2013-08-25-05.jpg

 この方法だとターゲットは安定するのですが、反面トパーズのHP管理に注意しなければならないので、道化師の削りにはDoTを入れる程度の対応にならざるを得ませんでした。
  
 ボス戦は、2回ほどの全滅を経て、開始当初はエメラルド、雑魚が沸くタイミングになったらトパーズという方法を採りました。
 雑魚にDoTを配りつつ、終盤は雑魚をトパーズに任せて回復補助。槍術士さんが雑魚を一匹ずつ仕留めてくれたので、雑魚退治を終えた後のボス攻略は楽でした。


 非常に対照的な立ち回りを2回のハウケタ攻略で経験することができたのは収穫でした。
 
 両方を比べてみての感想としては、やはり殲滅速度を上げたいならエメラルドを使用…ということになろうかと思います。
 とりわけ私の場合、パーティでトパーズを出す場面というのは、タンク役に黄色信号が灯っているような状況であることが殆どなので、巴術士本体も回復に回ったりするなど、更に攻撃を犠牲にしなければならない要素が加わってしまうことも、削り性能を下げる一因かもしれません。

 とはいえレベル30を超えたので、以降はDPSなら召喚士で、ヒーラーなら学者でIDに参加となると思います。
 カー君の色に頭を悩ませるのもこれで終わりでしょうかね。


 それでは今回はここま…おっと、釣りを忘れていました。
 釣りをはじめてみたものの…未だリムサから出られない!

ffxiv-2013-08-25-06.jpg

 もうちょっとレベル上げが落ち着いたら、本腰を入れたいと思います。


 かなり長くなりました…。
 次回は残り部分に触れて、さらっと済ませられたらと思います。
 
 それでは今回はここまで。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

P.Principe

Author:P.Principe
3.0でアウラ♀の新キャラ作成は確定。
【新生FF14】
●Loup Garou(ルー=ガルー)
ララ♂/Fenrir鯖
●Piccolo Principe(ピッコロ=プリンチペ)
ララ♂/Fenrir鯖
「ピッコロ」よりも「プリン」と呼ばれたい…
【FF11(引退)】
●Prin
ビス鯖

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Copyright
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

○DiabloⅢ
©2012 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved.
○Final Fantasy 14
©2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
○Guild Wars 2
©2010-2012 ArenaNet, Inc. and NC Interactive, Inc. All rights reserved.
○The Secret World
© 2007-2012, "The Secret World"™ is a registered trademark of Funcom Gmbh 2012. All rights reserved.
○Borderlands2
© 2009 - 2012 Gearbox Software, LLC. Published and distributed by 2K Games.
○Far Cry 3
© 2007–2012 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.
○Dead Space
○Dead Space 2
○Dead Space 3
© 2012 Electronic Arts Inc. Trademarks belong to their respective owners. All rights reserved.
○Fish Hunt 世界を釣れ!
(c)NEOWIZ GAMES. ALL RIGHTS RESERVED. (c)JUSTNINE entertainment. All rights reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。