スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリア放浪記①(TWRⅡCaeser in Gaul プレイ日記)

「Total War Rome Ⅱ」(以下「TWRⅡ」の2つあるキャンペーンパックのうち何れからプレイしようか色々考えたのですが、結局は「Caeser in Gaul」からプレイすることに決定。

選択の理由としては、もう一つのパック「Hannibal at the Gates」が地中海沿岸、オリエントなど全エリアに跨るキャンペーンパックであるのに対し、このパックの舞台がガリア地方に限定されているため、久々にTWシリーズをプレイする私にとってプレイ時間の長さや難度がよりお手軽かなと考えたためです。

twr2c1-001.jpg

そんなわけで、カエサルとなってガリア平定を目指す「TWR Ⅱ」DLC「Caeser in Gaul」のまったりプレイ日記第1弾をお届けします。

以下、特に注記の無い限り、ゲーム上の用語や地名・部族名等は有志の方作成の日本語化MODに準拠しています。
また、同様に特に断りの無い限り、以下における各国・各部族等の動向や各人物の言動等はゲームプレイに依拠したフィクションであり、史実とは異なりますのであしからず。


1.紀元前58年(ガリア戦役開始時)のガリア属州を取り巻く情勢

史実通り、ゲルマン人によって居住地を追われたヘルウェティ族の通行によって領内に混乱を来たしたアエドゥイ(ヘドゥイ)族が、同盟関係にあるローマの属州総督カエサルに援軍を要請し、これを受けてカエサルが軍団と共に南仏属州からガリアへ向かうところから物語は始まる。

twr2c1-002.jpg

スタート時において、信用に足るだけの他勢力は皆無といって良い状況。

ローマのガリア属州はその版図において周囲のガリア諸部族に勝っている。
もっとも、北西部では、史実でも紀元前52年のガリア一斉蜂起の中心となった強大な部族アルウェルニ(オーヴェルニュ)族が、ローマの友好部族アエドゥイ族を呑み込むかのような勢いを見せている。

また、南西部ではルテニ族やウォルカエ族といった諸部族が、飛び地化したローマ植民都市のナルボ・マルティウス(現ナルボンヌ)を虎視眈々と狙い、ローマによって独立を認められ、現状では友好関係にあるはずのギリシア植民都市マッシリア(現マルセイユ)も、早くもポンペイウスの差し金なのか、カエサル管理下のガリア属州に対し、何やら怪しげな動きをしていた。

さらに、交戦中のヘルウェティ族の背後には、これと同盟関係にあるゲルマン民族のトゥリンギ族が控えており、ゲルマンとの戦端が開かれる予感すら感じさせている。


2.属州総督としての当初方針

上記のような情勢に対処するため、まずは属州の当面の経営方針を決定。

優先順位の高い順に挙げると、

①ヘルウェティ族の首邑「オクトデュロン」(現スイスのマルティニー)の速やかな占領

②セクンドゥス・ガウィウス・レギルス率いるナルボ・マルディウス駐留の第Ⅱ軍団の増強及び同都市の発展・整備

③各都市のローマ化及び民心の安定

早速この方針に基づき、進めることにした。

続きを読む

スポンサーサイト

Total War Rome Ⅱ 始めました!

Steamのサマーセール66%引きに惹かれ、「Tatal War Rome Ⅱ」を買ってしまいました。


最近発売されて値引きの無い「Pirates & Raiders」、日本では購入できない「Blood & Gore」以外のCampaign Pack(キャンペーンモードの追加パック、以下「キャンペーンパック」)、Culture Pack(プレイアブル勢力の拡張パック、以下「カルチャーパック」)、ユニット追加のDLCもまとめ買い。


購入しなかった「Pirates & Raiders」はアルディエイ(現モンテネグロ付近にいたイリュリア系民族の模様)、テュリス(トラキア地方のケルト系王国)、オドリュサイ王国(現ブルガリア付近にあったトラキア系民族の国家)といったバルカン半島北部のプレイアブル勢力を追加するカルチャーパック。
また「Blood & Gore」はタイトル通り、戦闘時の流血、ゴア表現を追加するDLCです。
以上のような内容なので、私としては、いずれもすぐに何が何でも欲しいというものではなく、本体と購入したDLCで満足しています。


購入したDLCの中身もかいつまんで説明すると、以下のようなものです。

まずキャンペーンパック第1弾「Caesar in Gaul」は、言わずと知れたカエサルのガリア戦役を追体験することのできるDLC。
twr2-002.jpg

軍事的天才が僅か8年で成し遂げたガリア平定の軌跡を、あーでもないこーでもないと試行錯誤しながら辿るのが非常に楽しみです。

キャンペーンパック第2弾「Hannibal at the Gates」は、ローマとカルタゴが地中海の覇権を賭けて争ったポエニ戦役を遊ぶことができるDLC。
twr2-003.jpg

実はこれが数あるDLCの中で私の大本命。
カルタゴスキー、ハンニバルスキーな私としては、まずはカルタゴでローマを徹底的に打ち砕き、その国土に塩を撒いてやるのが筋というもの。
絶対に象兵でアルプス越えしてローマをぶっ潰す!という意気込みであります。

カルチャーパックは、アテネ、スパルタ、エピロス(イピロス)のギリシア都市国家を追加する「Greek States Culture Pack」、遊牧民族のロクソラニ、マッサゲタイ、スキタイ(王族スキタイ)を追加する「Nomadic Tribes Culture Pack」の2つ。
上記キャンペーンが落ち着いたら、パルティアやスキタイといったオリエント色のある勢力でプレイしてみたいなあと思います。

最後にユニット拡張DLC「Beasts of War」はモロサス犬などの軍用犬部隊、パルティアの重装ラクダ騎兵など、まさにタイトル通りに動物に関連したユニットを追加する拡張パック。
「動物に関連した」というのがミソで、変り種ユニットとして「Sobek Cultists」や「Mercenary Leopard Warriors」などがありした。

ソベク→ワニ頭の神→クロコダイル・ダンディー
twr2-004.jpg

ヌビア人傭兵→特産品のヒョウ革→大阪のおばちゃん
twr2-005.jpg

SSを見ていただいても分かる通り、この「Tatal War Rome Ⅱ」、日本語版は未発売ですが、有志の方が日本語化Modを作成されています。
そのため、英語の知識を殆ど必要とすることなく、ゲームをプレイしたりキャンペーン中のストーリーを追ったりして楽しむことができるようになっています。

いつも思うのですが、英語が不得手な者としては、、なんとなくぼやっと理解するしかない洋ゲーの内容を、こういった有志の方々の尽力のお陰で日本語でバチッと読み込むことができるのは大変有難いことです。

さて、以下はチュートリアル的なキャンペーン「プロローグ」をプレイしてみた模様と感想です。

続きを読む

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

P.Principe

Author:P.Principe
3.0でアウラ♀の新キャラ作成は確定。
【新生FF14】
●Loup Garou(ルー=ガルー)
ララ♂/Fenrir鯖
●Piccolo Principe(ピッコロ=プリンチペ)
ララ♂/Fenrir鯖
「ピッコロ」よりも「プリン」と呼ばれたい…
【FF11(引退)】
●Prin
ビス鯖

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Copyright
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

○DiabloⅢ
©2012 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved.
○Final Fantasy 14
©2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
○Guild Wars 2
©2010-2012 ArenaNet, Inc. and NC Interactive, Inc. All rights reserved.
○The Secret World
© 2007-2012, "The Secret World"™ is a registered trademark of Funcom Gmbh 2012. All rights reserved.
○Borderlands2
© 2009 - 2012 Gearbox Software, LLC. Published and distributed by 2K Games.
○Far Cry 3
© 2007–2012 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.
○Dead Space
○Dead Space 2
○Dead Space 3
© 2012 Electronic Arts Inc. Trademarks belong to their respective owners. All rights reserved.
○Fish Hunt 世界を釣れ!
(c)NEOWIZ GAMES. ALL RIGHTS RESERVED. (c)JUSTNINE entertainment. All rights reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。